ページの本文です。

文教育学部 案内

2017年6月27日更新

文化は、生き方です、社会です、情報です
世界をミクロに、マクロに、学問してみませんか

文教育学部の概要

特色と組織

文教育学部には、人間をとりまくマクロな社会や環境から、ミクロな個々人の思想や心理や言語、あるいは文学・美術や音楽・舞踊といった芸術まで、多彩な研究分野があり、そこでは「生きている」人間とその文化や社会への関心が核となっています。法学や経済学が目にみえるルールを扱うとすれば、普段は意識されにくい人間社会の暗黙のルール(規範や掟)を探り出していくところに、そのおもしろさがあるといえるでしょう。教育や研究の対象は、古代から現代へ、日本から世界へと広がり、誕生から死まで人間の一生を追いかけます。
文教育学部は、人文科学科、言語文化学科、人間社会科学科、芸術・表現行動学科という4つの学科からなり、各学科に複数のコースと、学科の枠を越えたグローバル文化学環とが設置され、専門教育のプログラムを提供します。人間が長い歴史のなかで作りあげてきた文化や社会のあり方を研究するとともに、グローバル化する世界のなかで生きる力を養います。「複数プログラム選択履修制度」では、自分のニーズや個性にあわせてプログラムを選び、ひとつの専門を深めることも、複数の専門分野を広く学ぶこともできます。特色と組織の画像17

多様な研究ときめ細やかな少人数教育

本学部の最大の特徴は多様性です。哲学、歴史学、地理学、文学、言語学、教育学、社会学、子ども学、芸術学など、実に多様な研究分野と研究方法の教員がいます。三千年前の中国古典文学から現代世界の社会問題まで、そうした教員たちのもとで学ぶことができます。他学科や他コースの副プログラムを選んだり個々の授業に参加したりしやすいのも特色の1つです。そしてもう1つの特徴がきめ細やかな少人数教育です。1人の教員あたりの学生数が少なく、時には1つの授業に学生が数人という贅沢な環境が提供されます。教室の授業だけでなく、実習や学外での研修が組み込まれているプログラムもあります。

各学科・環について詳しく知るには(学科・環のページへのリンク)

複数プログラム選択履修制度

主プログラム(コース・環)を自分で選ぶ

複数プログラム選択履修制度の画像

人文科学科・言語文化学科・人間社会科学科の学生は、2年次に進む時に主プログラムを選び、コース・環に進む制度になっています。主プログラムは、自学科のコースのいずれか、またはグローバル文化学を選びます。 芸術・表現行動学科の学生の場合は、入学時のコースに進みます。コース・環は、各種プログラム(主・強化・副・学際)を提供し運営していく組織であり、そしてプログラムの科目群を担当する教員や、主プログラムを選択した学生が所属する組織、すなわち専門教育を学んでいく足場、拠り所となるところです。
1年生向けに専門の基礎科目や入門科目が置かれており、主プログラムの選択の参考にすることができます。そして、1年生の時には、それらの科目や文理融合リベラルアーツ・基礎講義などで広い視野から多角的に問題を見ることを学びます。
主プログラムを選択できる上限人数はゆるやかに設定されていますので、ほとんどの場合は希望するコース・環に進むことができます。上限を大幅に超えた場合や各コース・環が定めた条件を満たしていない場合は、一定の方法で選考をおこないます。

プログラムの組み合わせを自分で選ぶ

自分で選んだ主プログラムが、専門の学習の主軸となります。この主プログラムにどのプログラムを結合させるか、さらに自分で選びます。主プログラムでの学習を徹底するならそのコースの強化プログラム、別の分野を副専攻的に学んで学際研究を目指すなら、他コースまたは他学科設置の副プログラムあるいはグローバル文化学環の学際プログラムを選びます。さらに第3のプログラムとして、文教育学部あるいは他学部のプログラムを履修することもできます。なお、芸術・表現行動学科の学生も、第3のプログラムを選択して履修することができます。

グローバル文化学環と日本語教育副プログラム

グローバル文化学環と日本語教育副プログラムの画像

グローバル文化学環の場合は、グローバル文化学主プログラムを専門教育の主軸とし、自分が在籍する学科のいずれかのコースの副プログラムを組み合わせて学際的に学習します。また、人文科学・言語文化・人間社会科学科の各コースの主プログラムを選んだ人も、グローバル文化学学際プログラムを選ぶことができます。
また言語文化学科では日本語教育副プログラムが提供され、日本語を母語としない人の日本語教育やコミュニケーションのあり方を学ぶことができます。このように学部全体で多彩なプログラムの組み合わせにより、多様なキャリアパスを実現することができます。

資格

卒業後の幅広い活躍の場を充実させるため、各種資格を取得することができます。本学部で取得できる主な資格は以下の通りです。

各種教育職員免許状
学科等 中学校教諭一種免許状

高等学校教諭

一種免許

その他の教育

職員免許状

人文科学科 社会 地理歴史・公民 -
言語文化学科 - - -
  • 日本語・日本文学履修コース
国語 国語 -
  • 中国語圏言語文化履修コース
中国語 中国語 -
  • 英語圏言語文化履修コース
英語 英語 -
人間社会科学科 - - -
  • 社会コース
社会 公民 -
  • 総合人間発達科学専修プログラム
- -

幼稚園教諭一種免許状

小学校教諭一種免許状

芸術・表現行動学科 - - -
  • 舞踊教育学履修コース
保健体育 保健体育 -
  • 音楽表現履修コース
音楽 音楽 -
資格取得
学科

学芸員

(博物館)

社会教育主事 社会調査士
人文科学科 取得可 取得可 取得可
言語文化学科 取得可 取得可 取得可
人間社会科学科 取得可 取得可 取得可
芸術・表現行動学科 取得可 取得可 取得可

(補足)上記のほか、人文科学科地理学コースでは「地域調査士」、「GIS学術士」の資格を取得できます。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加