ページの本文です。

お茶の水女子大学 第44回創作舞踊公演(卒業公演)のお知らせ

2017年2月27日更新

この度「お茶の水女子大学 第44回創作舞踊公演 エビデンスダンス」を開催することとなりました。
本公演は、舞踊教育学コース学生の日々の学びを舞踊作品創作、上演という形で昇華させる年に一度の機会です。同時に、現代芸術としての舞踊の魅力をより多くの方に知っていただきたいと思っております。公演名「エビデンスダンス」とは、「ダンスで自分を証明する」「ダンスとは何かを証明する」という2つの意味を込め、証明という意味の英単語「evidence」と「dance」をつなげた造語です。ただ今、学生全員が一丸となり、皆様によりよい舞台をご覧いただけるよう全力で練習に励んでおります。ぜひお越しください。

 第44回創作舞踊公演チラシ表  第44回創作舞踊公演チラシ裏

<公演概要>
日時:2017年4月28日 (金曜日)18時半開場/19時開演
会場:なかのZEROホール(JR・地下鉄東西線 中野駅南口 徒歩8分)
チケット:前売り900円 / 当日1,000円
特設HP:https://ochadance2017.tumblr.com
予約・お問合せ: 舞踊教育学コース助手室
TEL & FAX:03-5978-5271,E-mail:ochadance2017@gmail.com
*チケットを予約する際は、名前と希望枚数を記入の上、件名を「チケット予約」とし、上記のアドレスにお願いいたします。
*パソコン・携帯でのドメイン設定(迷惑メール設定など)をされている方は、上記のメールアドレスを受信可能にしてください。
*10日以内に返信がない場合は、お手数ですがもう一度ご送信ください。

<プログラム内容>
学年ごとのグループで振付を行う各群舞作品、4年生が小グループに分かれて振付を行う小作品、第29回全国高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)創作部門での受賞作品『人真似の虫』を上演いたします。また、本コースは平成22年度より韓国芸術総合学校舞踊院と交流協定を結んでおり、今年度も韓国芸術総合学校舞踊院の学生をお招きし、作品を上演して頂きます。委嘱作品振付には、本コース卒業生である古家優里氏(プロジェクト大山主宰)をお招きしております。

出演:お茶の水女子大学 芸術・表現行動学科 舞踊教育学コース学生(2年生、3年生、4年生)
作品指導:猪崎弥生、福本まあや
照明:佐藤英生
音響:渋木正巳
舞台監督:清水美紗都
主催: お茶の水女子大学 芸術・表現行動学科 舞踊教育学コース
後援:舞踊教育学コース卒業公演後援会、田毎の会
制作:舞踊教育学コース4年生

舞踊教育学コースHP:舞踊教育学コース
創作舞踊公演エビデンスダンス特設HP:ochadance2017.tumblr.com(新しいウインドウが開きます)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加