ページの本文です。

加賀美 常美代 Kagami, Tomiyo

2016年3月31日更新

研究分野とテーマ

異文化間心理学、異文化間教育、コミュニティ心理学

異文化間葛藤と価値観の研究、教育的価値観の国際比較研究、アジア諸国の日本イメージの形成過程と関連要因および年代別比較、大学生の国際交流意識など

担当科目

グローバル文化学方法論
多文化間交流論
文化と人間関係I
文化と人間関係II
多文化共生論
多文化間人間関係論演習I
日本事情演習IVA
日本事情演習IVB
異文化間コミュニケーション特論
異文化間コミュニケーション演習
多文化間カウンセリング特論
多文化間カウンセリング演習
多文化間心理教育学特論
多文化間心理教育学演習

教育と研究のプロフィール

グローバル化の進展していく社会の中で、異文化接触で生じた外国人と日本人との対人葛藤とその解決行動を解明するとともに、その背景にある要因として、文化的価値観、教育的価値観に焦点を当て心理学的研究を行なってきました。また、それらの研究の知見を、実践現場の問題解決、多文化間の教育と交流活動にコミュニティ心理学的アプローチに基づき、予防的、効果的に生かすことを目指しています。
特に、グロ文科目の「多文化間交流論」や「文化と人間関係I」では、自分と他者、自分と文化、とりまく社会との関係性を考えながら、多様な価値観、異なる文化的背景を持つ人々が相互に関わり、コミュニケーションを行なうことが一体どういうことか、肌で感じてもらいたいと思っています。また、「多文化共生論」では、最前線で活躍する国際交流機関や異文化間教育の実践者の方をゲストスピーカーとしてお招きし、実践現場のお話を聞きながら留学生と日本人学生で「多様性とは何か」を議論していきます。

さらに、大学キャンパスでは、国際交流グループ(TEA)のサポートをしながら、多様性を尊重し、共に助け合うことができるような環境作りを目指して、教育と実践、それに関連する研究、教師養成を行ないたいと思っています。

連絡先

研究室: 文教育学部1号館1階101-3号室
電話番号・ファクス: 03-5978-5194
office hours: [前期・後期]火曜日(9時00分から10時30分)事前に予約してきてください。
E-mail: kagami.tomiyo☆ocha.ac.jp
(☆は@に換えて送信してください)

集合写真

関連リンク / Related Links

»荒木 美奈子 Araki, Minako
»加賀美 常美代 Kagami, Tomiyo
»熊谷 圭知 Kumagai, Keichi
»倉光 ミナ子 Kuramitsu, Minako
»小林 誠 Kobayashi, Makoto
»三浦 徹 Miura, Toru
»森山 新 Moriyama, Shin

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加