ページの本文です。

小林 誠 Kobayashi, Makoto

2016年3月31日更新

研究分野とテーマ

国際政治学・国際関係学

批判理論の立場から、国際関係を考察しています。特に、国際関係の基本構造が、今日のグローバリゼーションによって動揺していることに注目しています。政府間関係に限定されてきた狭義の国際関係に、多様なアクターが参加したトランスナショナルな関係が加わって、多層構造が編成されているのです。もっ ともこれはスムーズな転換ではありませんし、必ずしも世界平和に直結するとは言えません。平和運動の世界的な高まりの一方で、内戦、大規模人権侵害、テロリズム、強制的移動、経済的格差の拡大といった新しい形態の脅威が高まっています。とはいえ、多層構造の中から地球市民社会を築くことが、公正な世界秩序のもとでの平和を構想するための第一歩なのでしょう。そのカギは、グローバルな民主主義を築くことです。

担当科目

政治学総論I
政治学総論II
国際関係論
平和構築論I
平和構築論II
グローバル文化学総論
グローバル文化学方法論
生活世界の安全保障4 平和と暴力

教育と研究のプロフィール

2007年にお茶の水女子大学に赴任しました。それまで、メキシコ大学院大学、ジョンズホプキンス大学、ケンブリッジ大学で客員研究員として在外研究を行いました。

文献の乱読と精読(の使い分け)、それに徹底した討論が、豊かな知識を身につけるための起点だと思っています。また、与えられた枠組みの中で解答を出す問題解決アプローチも重要なのですが、勉強を積み重ねていくうちに、問題の設定そのものを問い直すような批判的アプローチが重要になってくるということを念頭に置いて、教育を支援しようと考えています。これはもちろん自分の研究についての示唆でもあって、自分の設定した問題を自己批判しながら更新し続 けることを心がけています。やっかいなことですが。

世界について学ぶということ、比喩的に言えば「国境を越える」ということは、実にスリリングな試みです。自分の成り立ちを一挙に相対化することができ、その危うさの中から新しい自分を築くことができるからです。これはおもしろい!

連絡先

研究室: 文教育学部1号館8階806号
電話番号・ファクス: 03-5978-5254
office hours: 金曜日5限から6限(13時20分から14時50分)※事前にアポイントメントを取ってください。
E-mail: kobayashi.makoto☆ocha.ac.jp
(☆は@に換えて送信してください)

関連リンク / Related Links

»荒木 美奈子 Araki, Minako
»加賀美 常美代 Kagami, Tomiyo
»熊谷 圭知 Kumagai, Keichi
»倉光 ミナ子 Kuramitsu, Minako
»小林 誠 Kobayashi, Makoto
»三浦 徹 Miura, Toru
»森山 新 Moriyama, Shin

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加