ページの本文です。

グローバル文化学環 2008年度のトピック

2009年3月31日更新

多文化交流実習II発表会(7/18)

ヴァッサー大生18名とお茶大生38名が参加した文化交流実習IIでは、7月19日に最終発表会が行われました。全部で18グループの発表はパワーポイントを駆使した力作・大作ぞろいで、動画の重さにパソコンが動かなくなるハプニングにも見舞われましたが、長丁場もあっという間に終わりました。

内容は日米比較が多く、中でも文化的な違いを浮き彫りにしていたのがComedyお笑いの比較でした。また、ストリート・パフォーマンスについても上野での撮影とフィールドワークから興味深く解説してくれました。意外な発見はマクドナルドの比較で、同じビッグマックでも日本の方がカロリーが高いそうです。その他にも、お菓子や飲み物の物質文化、女子学生の気質や大学教育などの社会的視点、歌舞伎や漫画、音楽など、バラエティーに富んだプロジェクトが盛りだくさんでした。

今回の発表は授業のゴールでしかありません。2ヶ月月近くの交流を通して、学生達は様々な難しさや喜びを体験したようです。学内外でのフィールドワーク、グループワーク後の食事会などから、アメリカ人・日本人としてではなく個人として接することを学んだようです。発表会の終わりには別れを思って涙ぐむ学生も居りました。ヴァッサー大生が帰国後も、メールでの交流が続くでしょう。〔小柳志津〕 

2008年年度多文化交流実習IIプロジェクト題目

  1. Desirable Qualities in Women
  2. Kabuki
  3. A Cross-cultural Comparison of Beverage Preference
  4. Hip-hop in America and Japan
  5. Japanese Martial Arts vs. American "Martial Arts"
  6. McDonalds America vs. Japan
  7. American vs. Japan Films
  8. Individuality and Conformity in America and Japan
  9. Underground Rock!!
  10. What Does That Mean: Idiomatic Expressions in English and Japanese
  11. 新しい風:The Changing Values For Young Women
  12. Women in the Workplace: Japan vs. America
  13. Japanese and American Comedy (アメリカと日本のお笑い)
  14. Street Performance
  15. おかし: We Shower in It
  16. Global Advertising Through an East / West Lens
  17. Manga and Comics: Differences in Plot and layout
  18. American and Japanese College Education Systems





     

ヴァッサー大学招聘教員による集中講義(9/24~30)

ヴァッサー大学招聘教員による集中講義2008年9月24日~30日、ヴァッサー大学から、比較経済学のデヴィッド・ケネット教授を招いて、"Introduction to the Study of Economic System"(「経済システム研究への招待」)と題した英語による集中講義が行われました。最後の授業では、受講者全員が英語でプレゼンを行いました。

デヴィッド・ケネット教授(Professor David Kennett)の授業内容

"Introduction to the Study of Economic System"
デヴィッド・ケネット教授(Professor David Kennett)The objective of this intensive course was to introduce students with a limited background in economics to the study of comparative economics: how different economic systems deal with the fundamental questions of what to produce, how to produce it and how the resultant gains in welfare are distributed. The course initially discussed why and how economic systems change under population pressures and changing technology. Then the focus turned to a discussion on market economies and under what conditions markets function efficiently and how they correct economic disequilibria. In conclusion we examined problems of market failure: asymmetric information, monopoly, public goods and externalities and discussed under what circumstances and how government intervention might correct these problems. Examination was by student presentation.

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加