ページの本文です。

グローバル文化学環の活動 【2014年度】

2015年3月31日更新

グローバル文化学環の1年の活動内容を紹介します。

表内の太字またはポスター画像をクリックするとポスターを表示します。

2014年度

4月4日 入学式
4月8日 新入生ガイダンス(新1年生)
グロ文主プログラム選択者ガイダンス(新2年生26名、3年次編入1名)
歓迎会(幹事3年生)
4月10日 新3・4年生ガイダンス
4月11日 グロ文学際プログラム履修希望者ガイダンス
5月29日
大崎さん
「グローバル文化学総論」公開授業『グローバルイシューとしてのジェンダー-世界の現状・日本の現状-』(PDF形式 4,199キロバイト)
ゲストスピーカー:大崎麻子氏【関西学院大学総合政策学部客員教授】
6月6日 「国際協力学」特別講演「北タイの森を守る人を支える」
講師:木村茂氏【Link森と水をつなぐ会】
6月14日 地域研究実習I
「多文化共生の空間・場所づくりとその課題」大山APFS、新大久保の街歩きと共住懇訪問(教員:熊谷)
6月20日~24日 第1回「地域研究実習II」
陸前高田米崎小学校仮設住宅集会所、SAVE TAKATA、市役所、八木澤商店ほか訪問(学生6名、TA:小川、教員:熊谷)
6月27日 「国際協力学」特別講演「Make A Difference:社会運動からグローバル企業での社会貢献活動へ」
講師:吉田智子氏【日本コカ・コーラ株式会社】
6月28日
多文化交流実習3.4

KAKEHASHIプロジェクト(「多文化交流実習III」):お茶の水女子大学 西マサチューセッツ五大学連合23名、本学23名の学生が参加(教員:森山)

7月17日 「グローバル文化学総論」受講者懇親会(1-2年生)、幹事2年生
7月18日~22日 第2回「地域研究実習II」
陸前高田米崎小仮設住宅にてお好み焼き会開催、広田小仮設住宅、長洞元気村ほか訪問(学生5名、TA:小川、教員:熊谷)
7月21日
オープンキャンパス
オープン・キャンパス、グロ文説明会模擬授業「イスラーム世界はなにを語るか? 日本との出会い」(教員:三浦)、参加者約150名(PDF形式 432キロバイト)
7月22日 「グローバル文化学方法論」懇親会(2年生)
8月5日~9日 第3回「地域研究実習II」
「うごく七夕まつり」(荒町組)への参加、川原組七夕主宰者からの聞き取りほか(学生6名、TA:小川、教員:三浦・熊谷)
10月7日 グローバル文化学プログラム選択のための説明会(1年生)
10月2日、9日、16日、23日 卒業研究中間報告発表会(「グローバル文化学特論」)
10月13日
あのさく
陸前高田桜ライン311を描いたドキュメンタリー「あの街に桜が咲けば」上映(PDF形式 625キロバイト)

(補足)台風のため、中止

10月31日~11月4日 第4回「地域研究実習II」
宮城教育大学のJICA研修生と協働で米崎小でさんま祭り&海外の手料理を振る舞う会開催、横田地区あゆの里祭り参加ほか、(学生7名、TA:小川杏子、教員:熊谷、小田隆史)
11月2日 「地域研究実習I」
グローバル化と近郊農業の新たな取り組みを学ぶ:千葉市のNPO法人バランス21での収穫祭に参加し、地域の生業とNPO活動を学ぶ(教員:中台)
11月5日~15日  KAKEHASHIプロジェクト(多文化交流実習IV) アメリカ(ニューヨーク、アマースト、シカゴ) 日本側参加者は23名(教員:森山・渡辺)
11月8日、9日  徽音祭でTEA( 留学生と日本人学生の交流グループ) が出店
11月13日
多文化共生論
「多文化共生を考える:コミュニティ支援のための公開セミナー」(加賀美担当、グローバル教育センターと共催)(PDF形式 353キロバイト)
第1回 「偏見低減のための大学の実践:ヒューマンライブラリー」
講師:工藤和宏氏【獨協大学専任講師】
11月27日 同セミナー 第2回 「国際結婚とバイリンガル:言語発達の観点から」
講師:藤田ラウンド幸世氏【立教大学大学院准教授】
12月11日 同セミナー 第3回 「地域社会の外国人支援の現状:三重県の事例から」
講師:猪狩英美氏【三重県国際交流財団:専門員】
1月8日 同セミナー 第4回 「障害者:社会と文化」
講師:長瀬修氏【立命館大学客員教授】
12月17日 附属高校生対象のキャリア・ガイダンス
12月22日 卒業研究提出(19名)
1月5日~8日 グローバル文化学主プログラム選択希望者面談(25名)
1月8日・15日・22日・29日 卒業研究構想発表会(3年生ほか、グローバル文化学特論)
1月15日 ヒューマンライブラリー実践
(多文化共生論:本としての協力者17名、司書役:加賀美研究室大学院生14名、読者:受講生45名、加賀美)
1月17日 「地域研究実習I」
職人の街で「ものづくり」への取り組みを学ぶ:すみだマイスターの革工房HIS-FACTORY、「和菓子埼玉屋小梅」での聞き取りと和菓子作りを体験(教員:中台)
1月24日 2014年度卒業研究最終発表会(3-4年生)、追い出しコンパ(幹事3年生)
1月30日 「地域研究実習I」
東京ジャーミー(モスク)見学実習(担当:三浦)
3月7日~16日
2015国際学生フォーラム

第4回国際学生フォーラム(「国際交流論II」):お茶の水女子大学 海外9大学17名、本学20名の学生が参加

3月10日
2014震災セミナー

上記フォーラム内イベント:

震災フォーラム「震災の記憶を語り継ぎ、今、陸前高田から考える」(PDF形式 437キロバイト)
ゲスト講演:實吉義正氏(陸前高田市観光物産協会副会長)、佐藤一男氏(陸前高田米崎小学校仮設住宅自治会長)、三井俊介氏(復興支援団体SET代表)
3月10日
2013地II報告書

2013年度陸前高田市「地域研究実習II」報告書
『復興と外部者の役割』刊行

3月23日

第7期卒業生(計19名)卒業式&祝賀パーティー
『グローバル文化学環会報』第7号刊行
第7回グローバル文化学環奨励賞受賞式
[受賞者:森田真奈子、林沙樹]

  • 2014年度卒業式1
  • 2014年度卒業式2

関連ファイル / Related Files

» 「グローバル文化学総論」公開授業『グローバルイシューとしてのジェンダー-世界の現状・日本の現状-』(PDF形式 4,199キロバイト)

» オープン・キャンパス、グロ文説明会模擬授業「イスラーム世界はなにを語るか? 日本との出会い」(教員:三浦)、参加者約150名(PDF形式 432キロバイト)

» 陸前高田桜ライン311を描いたドキュメンタリー「あの街に桜が咲けば」上映(PDF形式 625キロバイト)

» 「多文化共生を考える:コミュニティ支援のための公開セミナー」(加賀美担当、グローバル教育センターと共催)(PDF形式 311キロバイト)

» 震災フォーラム「震災の記憶を語り継ぎ、今、陸前高田から考える」(PDF形式 437キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

関連リンク / Related Links

»グローバル文化学環の活動 【2016年度】
»グローバル文化学環の活動 【2015年度】
»グローバル文化学環の活動 【2014年度】
»グローバル文化学環の活動 【2013年度】
»グローバル文化学環の活動 【2012年度】
»グローバル文化学環の活動 【2011年度】
»グローバル文化学環 2009年度のトピック
»グローバル文化学環 2008年度のトピック
»グローバル文化学環 2007年度のトピック

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加