ページの本文です。

福本研究室

2018年4月12日更新

研究分野紹介

「舞踊教育学」

舞踊教育には、学校教育の中のダンス、地域社会におけるダンス、そして振付家や踊り手の育成を想定した芸術舞踊の教育という広がりがあります。それぞれの文脈における舞踊教育の意義やねらい、訓練法や指導法、それら方法論の根底にある思想等々を明らかにし、舞踊教育が抱える様々な問題を解決し、またその遺産を継承してゆくことが舞踊教育学という学問領域です。

私自身のこの領域での研究としては、現代の芸術舞踊家らの試みに関心をもち、彼らがダンスをどのように考え活動を展開しているかに着目してきました。方法としては、ワークショップへの参与観察や、舞踊家や指導者へのインタビューといった実地調査や、彼らが発表している文献や資料テキストの質的分析を行うことで、実際の舞踊上の試みを言葉に還元し理論を構築する作業です。このようにして舞台芸術の発展のみならず、学校や地域における舞踊の教育に適用できる方法の原理を明らかにすることを行ってきています。

「身体性哲学」

身体性哲学は、身体教育学という広い分野に位置づけられる研究領域です。とりわけ日本では明治期以降の西洋の身体観が流入し教育法に反映してきている一方で、日本固有の伝統的な身体観も残り一筋縄にはいかない状況がありますが、またその状況がこの研究領域を興味深いものとしているとも思います。

私自身は、振付家らの美意識を形成する大きな要因に技術訓練法(メソッド)があると注目し、そのメソッドの根本にある身体観と舞踊家の美意識の関係に関心をもっています。ここ数年は、現代の芸術舞踊が大きく取り入れてきた日本や米国のボディワークに関心を持ち、そうしたボディワークの考案者の身体に対するまなざしや思想を問う研究を行ってきています。

講義・演習・実技科目紹介

「舞踊学概論」

この科目は、入学後に初めて履修する舞踊の講義です。民族舞踊学、舞踊芸術学、臨床舞踊論等の講義の導入科目に相当するものです。西洋の舞踊史を概観するとともに、日本を含む様々な国、地域、民族の舞踊を紹介します。舞踊作品、舞踊活動を構成する成分を知り、舞踊という現象を語り記録するための方法を学びます。

「舞踊芸術学」・「舞踊芸術学実験演習」

「舞踊芸術学」は、2年後期に履修される必修科目で、芸術としての舞踊とは何かについて学ぶ講義です。主に19世紀後半から現在までの欧米と日本の舞踊芸術家らの思想と作品を中心に、地域別に通史的に学びます。具体的には、バレエ、モダンダンス、舞踏、ヌーヴェルダンスなどを取り上げます。作品や舞踊家の思想を映像記録や文献を通して知ることで、舞踊芸術を鑑賞し解釈する視点や専門的な用語や概念を理解し、様々な舞踊の美意識に触れることで学生自らが豊かな舞踊観を持ち語ることができるようになることを目的とします。同実験演習は3年前期に選択する授業です。授業前半は、舞踊芸術家の作品記録や著述を分析考察する方法について例題を通して学ぶとともに、創作プロセスや技術の指導法を記録し分析する方法を学びます。授業後半では、各自が舞踊家や鍵となる概念を定めて調査分析を行い、最後にプレゼンテーションを行うという演習となります。

「モダンダンステクニック(初級)」

この科目は広い意味でのモダンダンス(コンテンポラリーを含む)のテクニックを学ぶ実技です。具体的には、グラハム・テクニック、リモン・テクニック、リリースワーク、コンタクト・インプロヴィゼーション等のメソッドから抽出した基本的な身体の動かし方と表現法を学びます。コントラクション&リリース、スウィング、オフバランス、ローリング、身体の各部位を先行させるリーチ等の技術の習得が中心となります。自分の身体(心を含む)についての理解を深め、表現手法の選択肢を増やし、表現力を磨くことをねらいとします。

「舞踊創作法実習(舞踊構成法)」

2年生後期の必修科目です。現代の舞踊作品には様々な構成法があり、音楽や小道具との関係も様々です。作品の空間、時間、視覚的要素、聴覚的要素の関係性がどのような意味を醸成するかを、即興的な試みと構成課題を通して学んでゆきます。後半は翌3年生4月に開催される定期公演にむけて群舞作品の創作を行います。

「舞踊創作法実習(舞踊上演・制作)」

3年生後期の選択科目です。翌4年生4月に開催される定期公演の制作を学ぶとともに、舞踊上演の様々な可能性を実験的に取り組みます。制作の内容としては一つの公演をどのような企画として成立させたいかという点から出発し、必要な作業項目を立て、役割分担を行い、予算を管理し作品プログラムの構成から広報活動に至るまでを専門家や関係者の協力を仰ぎながら履修者全員が実地で学んでゆきます。その中で、自らの舞踊作品の創作も行ってゆきます。本コース舞踊実技の集大成となる授業です。

「創作上演法実習(初級・中級・上級)」

1~3年で選択履修できる科目です。モダンダンスの基礎的・基本的技術を生かしながら、応用的表現技術を習得します。上級学年が中心となって群舞作品の創作を行い、最終的には全国高校・大学ダンスフェスティバルのコンクール部門に創作作品を出品し舞台上演を行います。

「舞踊芸術学特論」

この科目は博士前期課程の舞踊・表現行動学コース学生を主対象として開講しています。現代の芸術舞踊の振付家の関心(身体、動き、場、媒体、コミュニケーション、主題等)が、どのように展開しているかを作品の記録映像や文献資料を用いながら整理し、舞踊による表現の可能性や特性についての理解を深めます。

卒論作成に向けて

3年次後期

  • ゼミでの論文および文献購読
  • 卒論に向けての文献・資料収集
  • 研究における複数のキーワードの特定

4年次

  • 4月から6月 章立てと序章の構想、実地調査を行う場合は調整・準備
  • 7月から9月 序章の執筆と章立ての練り直し、資料の整理、実地調査を行う場合は実施と資料化
  • 10月から12月上旬 本文執筆、様式細部の修正、要旨の作成

学習の仕方

学習作業は基本的に各個人で行いますが、週1回のゼミでは所属の院生、学部4年と3年が集り、各自が進捗状況を報告し質疑応答等を通して次の手順を確認することを行います。そうすることで、始めは漠然とした問題意識や関心だったものから、研究上のキーワードが発見され、そのキーワードを中心に先行研究や関連文献の収集へと勢いがつきます。研究の進め方は各人により様々かもしれませんが、基本的には文献資料研究が中心となる領域なので、複写資料の整理や引用文・転載情報の情報元の管理には最初から注意するようにします。

学生へのメッセージ

舞踊の中では一つの問いに対して、答えが一つとは限りません。それでも、そのうちの一つを見付けることができればとても価値あることです。ひるまずに臆せずに進みましょう。

参考書リスト

【舞踊芸術、舞踊教育関係】

  • レイノルズ&マコーミック著『20世紀のダンス史』東京:慶應義塾大学出版会.
  • ジョン・マーティン(1980)『舞踊入門』東京:大修館書店.ジャック・アンダソン (1998)『バレエとモダンダンス』東京:音楽之友社.
  • ジャック・アンダソン (1998)『バレエとモダンダンス』東京:音楽之友社.
  • ジェラルド・ジョナス (2000)『世界のダンス―民族の踊り、その歴史と文化』東京:大修館書店.
  • ロデリーク・ランゲ (1981)『舞踊の世界を探る』東京:音楽之友社.
  • 舞踊教育研究会『舞踊学講義』東京:大修館書店
  • 尼ヶ崎彬『芸術としての身体』勁草書房
  • S. Banes (1977) Terpsichore in Sneakers: Post-Modern Dance: Postmodern Dance, Hanover: Wesleyan University Press.
  • S. J. Cohen (ed.) (1992) Dance as a Theatre Art (2nd), Princeton: Dance Horizons Book.
  • 『Site Dance』
  • 【ボディワーク関係】

  • 野口晴哉 (2002)『整体入門』東京:筑摩書房.
  • 野口三千三 (2002)『野口体操―からだに貞く―』東京:春秋社.
  • ヘラー&ヘンキン『ボディワイズ』東京:春秋社.
  • I. Bartenieff & D. Lewis (1980) Body Movement: Coping with the environment, London: Gordon and Breach, Science Publishers.
  • B. B. Cohen (2003) Sensing, Feeling, and Action: The Experiential Anatomy of Body-Mind Centering, Northampton: Contact Editions.
  • E. Franklin (1996) Dynamic Alignment Through Imagery, Champaign: Human Kinetics.
  • D. H. Johnson (1995)Bone, Breath, & Gesture, Berkeley: North Atlantic Books.
  • A. Olsen (1998) Body Stories: a Guide to Experiential Anatomy, Hanover: University Press of New England.
  • M. E. Todd (2015) The Thinking Body,Gouldsboro: The Gestalt Journal Press.

【身体教育、身体性哲学関係】

  • 佐藤臣彦 (1993)『身体教育を哲学する―体育哲学叙説―』東京:北樹出版.
  • 宮本省三 (2008)『脳の中の身体』東京:講談社.
  • 宮本省三 (2010)『リハビリテーション身体論』東京:青土社.
  • 湯浅泰雄 (1986)『気・修行・身体』東京:平河出版社.
  • 湯浅泰雄 (1990)『身体論』東京:講談社学術文庫.
  • T. Hanna (1970) Bodies in Revolt: A Primer in Somatic Thinking, Novato: Freeperson Press.

【コミュニティダンス関係】

  • 平田オリザ (2001)『芸術立国論』東京:集英社新書
  • 中村民夫『ワークショップ―新しい学びと創造の場』東京:岩波新書.

【関連する学術雑誌・刊行物】

  • 『舞踊学』『舞踊教育研究』『体育学』『体育哲学研究』『体育・スポーツ哲学研究』
  • 『地域創造』『Journal of Dance Education』『Dance Research Journal』

【関連する公刊資料】

  • 『幼稚園教育要領・保育所保育指針』『小学校学習指導要領』
  • 『学校体育実技指導資料 第9集 表現運動系及びダンス指導の手引』
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加