ページの本文です。

教員紹介

2021年3月30日更新

棚橋 訓(たなはし さとし)

文化人類学

棚橋訓教授

 人が一生のうちに学習し身体化する行動様式・価値観・意味の体系を「文化」と捉え、この「文化」の視点から人間存在の多様性を研究しようと試みています。実証的なフィールドワーク(臨地調査)と比較に基づいて現代の異文化混淆の実相を探り、多文化主義と多文化共生の可能性を考えます。 

※ 2018年度入学生より社会学コースを担当します。

坂本 佳鶴恵(さかもと かづえ)

社会意識論、文化社会学

坂本 佳鶴恵

人は自分をどうみているのか、他者をどうみているのか、社会をどうみているのか。  また、他者からどう思われているのか。そうした人々の認識や意識と、行動や社会と の関わりを研究しています。コミュニケーション、家族、メディア、社会学理論など をつうじて人々の意識と行動の問題を扱っています。

研究室のページへ

杉野 勇(すぎの いさむ)

社会調査法、法社会学

杉野勇

理論研究・学説研究や帰責(責任帰属)の様式、女性の階層状況やWork Life Balanceについての計量分析に携わって来ましたが、近年は社会調査方法論や社会科学研究法に関心を持っています。教育面では、理論的研究と経験的データ分析を重視しています。

研究室のページへ

三宅 雄大(みやけ ゆうだい)

社会政策、社会福祉学

miyake yudai

 社会政策・社会福祉学を専門としています。とりわけ、理論的・実証的(質的調査)な方法によって、貧困・低所得世帯/生活保護世帯の子ども・若者が直面している問題を分析し、それらに対応する制度・政策の在り方を追究しています。

(2021年4月1日着任)


 

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加