ページの本文です。

公開講演会「写真で伝える世界、東北の今 紛争、災害の現場から」(6/7)

2018年4月23日更新

グローバル文化学環「グローバル文化学総論」公開講演会 

「写真で伝える世界、東北の今 紛争、災害の現場から」
 講師:安田菜津紀氏(フォトジャーナリスト)

日時 2018年 6月 7日(木曜日) 16時40分~18時10分
場所 お茶の水女子大学 共通講義棟2号館102号室
参加方法

グローバル文化学環「グローバル文化学総論」の授業内で実施しますが、受講者以外も参加可能です。

学内は参加自由、学外の方は件名を「6月7日講演会申込」とし、氏名・所属を明記の上、グローバル文化学環事務室までメールしてください。

申込み・

問合せ先

お茶の水女子大学文教育学部グローバル文化学環 
global@cc.ocha.ac.jpQR
ポスター
講演者紹介
1987年神奈川県生まれ。studio AFTERMODE所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、カンボジアを中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。「HIVと共に生まれる -ウガンダのエイズ孤児たち-」で第8回名取洋之助写真賞受賞。写真絵本に『それでも、海へ 陸前高田に生きる』(ポプラ社)、著書に『君とまた、あの場所へ シリア難民の明日』(新潮社)。『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。 安田さん
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter